超熟シリーズリニューアル!

こんにちは。

2015年が明け、あっという間に1月が終わろうとしています。早い!

ということで、2015年初のゆめちから通信。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて今回は、Pascoの人気商品「超熟」のリニューアルについてお伝えします!

 

1998年の発売以来、お客さま皆さまに喜んでいただける品質を目指し、幾多のリニューアルを繰り返し進化を続けてきた「超熟」。

その「超熟」がこのたび2015年1月31日に、国産小麦「ゆめちから」を配合してリニューアルします。

 

「ゆめちから」が加わったこと、そしてこれまでPascoが培ってきた「ゆめちから」を使ったパンづくりの技術によって、「超熟」の特徴でもある“もっちり感”と“しっとり感”がさらに向上して、おいしさアップ!

 

Pascoの研究室による「超熟」(角型)の食感の分析データがこちら↓↓↓

グラフ

「D+1」というのは、製造してから1日後、「D+3」は3日後を示しています。

これまでより、作りたてはもちろん、日が経ってもしっとりもっちりさが維持されているんです。

 

そして、今回のリニューアルは食パンだけではありません。

「超熟イングリッシュマフィン」、「超熟ロール」といった超熟シリーズ全商品「ゆめちから」を使用し、どーんとリニューアルします。

「ゆめちから」の配合比率は小麦粉中の7~9%(商品によって異なります)と、一見低そうですが、それでも千里の道も一歩から、小麦粉も積もれば山となる!

超熟シリーズの他にも、「ゆめちから」を使った商品を今後もいろいろと発売する予定もあり、2014年9月~2015年8月までの「ゆめちから」の使用量は、Pascoが「ゆめちから」を本格的に使い始めた2013年の10倍以上、2015年9月~2016年8月には20倍以上になる見込みで、Pascoの食料自給率向上への取り組みを大きく前進させます!

20150127_g

ちなみにPascoは決算期が8月なため、こんな9月~8月という変な区切りになっております・・・

 

 

日本の食卓をもっと豊かにする超熟シリーズ。

ぜひ新しくなったおいしさをお楽しみください。