春が来た!

こんにちは。

暖かくなっていよいよ春ですね~。

名古屋は桜もまもなく満開!なんだか勝手にうきうきしてしまいます 今回は通販担当の磯村がお届けします!

北海道ではまだまだ雪の日もあるようですが・・・それでも少しずつ春が訪れているようですよ。今回は北海道の農場の様子と、Pasco屋上の“ゆめちから”の急成長の様子をお伝えします。

 

前回北海道の様子をお知らせしたのは、9月に行われた種まきの様子。それからずいぶんと経ってしまいました・・・申し訳ございません。

それではぐーんとさかのぼって、その後の発芽の様子からご紹介します。(様々な場所の農場の写真がまざっています。ご了承ください<(_ _)>)

こちらが発芽後。9月中旬の様子。ぴょこぴょこっと生えているのが見えますか?
 北海道9月18日

少し成長して9月の下旬。プランターと違って、広い農場だと緑のじゅうたんみたいですね。
北海道9月28日

 

冬になると一面の銀世界。“ ゆめちから ”も雪の下でじっと春まで耐えています。
 北海道2月14日雪原

ちなみに雪が積もっている冬の間、農家の皆さんは何をしているのかおうかがいしたところ、来年どんな作物をどれくらい作るかなどの計画をたてたり、機械の整備をしたり、馬鈴薯や長芋などを販売している方はその選果作業をされたりしているそうですよ。冬といえどもお忙しそうです。

 

さて、2月末、まだまだ寒い日が続く北海道では、春の訪れを少し早めるために融雪剤を撒きます。
ぶほーっと撒かれている黒いのが融雪剤ですね。
北海道2月27日 融雪剤散布

 

すると、3月の中旬にはこのとおり!雪の下から小麦が顔を出し始めます。
北海道3月18日 雪解け

こちらは違う場所ですが、こんな感じに徐々に緑の面積が広がっていきます。
北海道雪解け風景

 

さて、名古屋のPasco本社屋上の“ ゆめちから ”の様子はと言えば・・・ 春になってぐんぐんと成長中です!

どうぞご覧ください

こちらが3月12日の様子。ぺったんこだったのが、上へと伸びてふさふさとしてきました。
3月12日屋上

遠くからも鮮やかな緑が見えるように。
3月12日屋上

 

そして先週3月22日。大きく育ってきたので、鳥よけのネットを外しました。

ひっかけないようにそっと。

ほんの10日ほどでびっくりするほどの急成長!
3月22日屋上

つい最近までよちよち歩きだったと思ってた親戚の子が、久しぶりに会ったらもうこの春小学校入学だった!みたいな驚きと感動でしょうか。

ずいぶんと麦らしくなってきました。

一部、風のせいか全体に斜めに寄っちゃってます・・・。
3月22日屋上 斜めに寄ってます

 

以前、北海道農業研究センターの西尾先生に肥料についておうかがいした際、 「3月にかけて気温が上がってくると、小麦が急速に生長を再開しますので、即効性の肥料をその時期に」とのアドバイスをいただいていましたので、肥料もあげてみました。

肥料を水で薄めて

じょうろでそっと。
3月22日屋上 じょうろ

小さなじょうろしかないので何度も往復を繰り返しているうちに「“ じょうろ ”って何語?カタカナで書くの?ひらがなで書くの?」などなど余計なことも考えつつ・・・

 終了~。
3月22日屋上

 

急成長ぶりに目がはなせない、Pascoの屋上です。

次回は4月1日発売の「ゆめちから入り食パン」のオススメポイントをご紹介します。どうぞお楽しみに!

 

 

本日のお客さま

お客さま

屋上芝生ゾーンでお散歩中